ホーム

ご存知ですか?     

平成14101日より老人保健で医療費を受ける方の対象年齢が、
70歳以上から75歳以上に改正されました。

70歳以上75歳未満の方の医療費自己負担割合が2、また現役並みの収入のある方は3割となり平成2641日より実施されました。

また、総務省発表により、2017年度全国で65歳以上の方は、27.7になり、2035年度には、3人に1が、65歳以上になると、予測しております。

そこで、日本生活共済組合は、家計を圧迫する医療費負担を少しでも和らげていただけるよう、格安で、万一に備えた安心の医療保障を、ご提案いたします。